リフォーム工事いくらかかるの?【キッチン編】

リフォーム

『リフォーム工事をしたいけど見積もりを依頼する前に大体の値段が知りたい』 にお答えします。

またプロ視点からお勧めキッチンメーカー各社特徴もご紹介します。

目次

  • 設置したいキッチンのイメージを決めよう!
  • キッチンメーカーどこがお勧め?
  • 工事費は?
  • まとめ

設置したいキッチンのイメージを決めよう!

キッチンを取り替えると言っても様々なパターンがあります。

ここでキッチン商品代の大まかな値段が決まります!

先ずは一般的に多いI型キッチン

対面式 I型キッチン
クリナップカタログから参照

(クリナップカタログから参照)

壁面式 I型キッチン
クリナップカタログから参照

1番無難で使いやすいタイプですね。

商品代は約20万円〜140万円になります。

※壁面収納と工事費は別

次にL型のキッチン

L型キッチン
パナソニックカタログから参照


(パナソニックカタログから参照)

こちらは最近は少なくなりましたがキッチンの動線的に考えると使いやすいです。

ですがコーナー部分の収納が少し使いづらいかも?

商品代は約30万円〜250万円になります。

※壁面収納と工事費は別

最後にアイランド型

アイランド型キッチン
LIXILカタログから参照

(LIXILカタログから参照)

今はこちらのアイランド型が人気です!

キッチン商品代は高額帯の物になりやすいので,予算には注意しましょう!

商品代は約45万円〜320万円になります。

※壁面収納と工事費は別

こちらのキッチン商品代はあくまでも一例です。

キッチンには各種キッチンメーカー毎に色々グレードがあり,お値打ち価格帯〜中級価格帯〜高級価格帯があります。

自分はどの価格帯の商品を入れたいかキッチンメーカーの,ショールームに行き実物を見て決めていきましょう!

では,ここでどこのメーカーにするか?下記の記事でご紹介させて頂きます。

キッチンメーカーどこがお勧め?

こちらはよくある質問です。

特にこだわりがないのであれば,とりあえずお勧めするならLIXILのキッチンですね。

こちらは日経ホームビルダーのアンケートでプロ3700人が

採用したいキッチンメーカーのアンケートで2020年版1位になっています。

(日経クロステック参照)

理由としてはキッチン単体で見ると特に強みはないですが

LIXILのショールームに行けば水廻りはもちろん室内の建具や,床材やサッシ等住宅の設備が全て見れます。

では他のメーカーは良くないのか?

と,言うことではありません。

それぞれキッチンメーカーに強みがありますので

下記から紹介していきます。

クリナップ

こちらはのメーカーはステンレスの押し出し成型が得意な

メーカーで通常木になる部分の下の収納キャビネット内部も

ステンレスにすることにより安価に耐久性が高く

また臭いなどの付着が抑えられます。

レンジフードは洗エールと言うお湯を入れると自動で

換気扇内部を洗浄してくれる商品があります。

この2点はクリナップのみの特徴になりますので

必ず選ぶ際はかならず覚えておきましょう!

タカラスタンダード

こちらはなんと言ってもホーローパネルと言う

鉄板にガラスコーティングしてあるパネルを採用してます。

耐久度はクリナップのステンレスより高いです!

また壁にこちらのホーローパネルを貼れば

磁石がくっ付きます。

地味ですがこれがかなり便利です(笑)

ただこちらは鉄板を多く採用しているのでかなり重く

施工性が良くない為施工費は少し高くなると想定されます。

ひと昔前は正直デザイン性があまりお勧めできませんでしたが

今はかなり充実しています。

超耐久とホーローパネルはタカラスタンダードのみの特徴なので気なる方はチェックして見ましょう!

パナソニック

こちらは家電メーカーの為ちょっとした機能性がポイントです。

先ずは10年ノーメンテナンスほっとくリーンフード

言う換気扇です。

こちらはファンの掃除は10年間しなくていいですよと言う商品です。

ファン以外の部分は掃除が必要なので注意してください。

そしてガスコンロ・IHですがトリプルワイドと言う

通常だと三角形に並んでいる口が横に一直線に並んでるタイプが選択できます!

奥のコンロは結構使いづらいので横に並ぶと使いやすいですね!

またこれも地味ですがコンセントをキッチンの手前につける,クッキングコンセントがあります。

手前にコンセントがあるので使いやすいです。

この3点はパナソニックだけの機能になるので気になる方はチェックしてみましょう!

ここでの紹介は特に特徴的な,そのメーカーにしか無いメリットを紹介させていただきました。

各種メーカー毎に収納の使い勝手が微妙に工夫してあったりして,人それぞれ気にいるポイントが変わってきます。

ここでメーカー毎に特徴を覚えたら実物を見て使い勝手を確認しに行きましょう!

メーカーショールームは業者が決まっていなくても予約を取り見に行くことが可能です。

各種メーカーのホームページを調べ電話もしくは

ネット予約を取って気軽に見に行きましょう!

LIXILホームページ

クリナップホームページ

タカラスタンダードホームページ

パナソニックホームページ

メーカー毎の値段差は正直な所大きな差は有りません。

強いて言えばタカラが施工費も含めると高くなるかも…ぐらいですかね。

メーカーを選ぶ際は自分が気に入った使いやすそうなメーカーにしましょう。

ただ業者が既に決まっていいる場合はメーカー毎に得意,不得意がある

場合がありますのでその際は業者にも確認してみましょう!

工事費は?

キッチンメーカーのショールームに行くとプランのイメージ画像と定価の見積もりを作って貰えます。

その定価の値段から商品や業者により変わりますが6割引〜2割引になるのが一般的です。

ただタカラだけは特別で定価は安いのですが1割程度しか値引きが無いと思われますので注意してください。

ですが先程も話しましたが商品のグレードが同じであれば基本的に価格は各メーカーそこまで価格差は生まれません。

なのでお客様が1番気にったメーカーで決めて行けばOKです。

工事費は現状の状況により大きく変わります。

今と同じキッチンに取り替えるだけなら,既設解体費用と設置費と接続工事で20万円〜40万円程度になるのが一般的です。

ですがそれ以外にも下記工事が想定されます。

  • 壁面収納+15万円〜40万円
  • 対面カウンターの造作+10万円〜20万円
  • 床の張り替え・増し張り+10万円〜30万円
  • 壁紙の張り替え+5万円〜10万円
  • 電気設備の取り替え+5万円〜20万円
  • キッチン位置の移動+5万円〜10万円(ここから上記床工事が+されます)

部屋の広さ等により価格はかなり変わりますので目安としてください。

上記金額とキッチン商品を足していく大体の目安が計算できると思います。

キッチンの取り替えで1番多い総工事費価格帯は

I型キッチン=150万円前後

その他キッチン=300万円前後

上記価格帯が一般的に多くなります。

選ぶキッチン・工事範囲などにより大きく上下しますので,ご注意ください。

まとめ

  • I型・L型・アイランド型から設置イメージを考えよう!
  • どのメーカーが自分に合うか必ず実物を見て確認しよう!
  • 商品を選んだらどこまで工事をするか考え大体の予算を決めよう!

いかがでしたでしょうか?

大体キッチンの価格帯イメージは掴んで頂けたかと思います。

もしわからない事やご質問などございましたら,お気軽にお問い合わせからご質問して下さい。

ここまで読んで頂けた方、ありがとうございました!

当サイトではお家に関する役立つ情報を掲載していますので

他の記事も良ければご覧ください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました