リノベーションってなに?リノベーションの相場価格【公開】

リフォーム

そもそもリノベーションとは何なのか?

答えは『大規模改修』です。

既存の建物の躯体の柱等を残し工事をする時などに使われます。

リフォームは『部分的な改修・修繕』ですね。

よくフルリフォームやフルリノベーションとも言われたりもします。

明確な違いは決まっていないので,深く考えず相手に伝わる方を使用しましょう。

新築とリノベーション(フルリフォーム)どちらがいいのか?

その工事費はいくら位かかるのか?

こちらの記事では建築のプロが解説していきます!

目次
  • 新築とリノベーションどちらがいいの?
  • リノベーション相場費用は?
  • まとめ

新築とリノベーションどちらがいいの?

まずは両方のメリット・デメリットを比べてみよう!

新築 メリット

  • 比較的自由な設計間取りが出来る
  • 工事中のトラブルのリスクが少ない
  • ローン金利が安い
  • 地盤沈下補償や一定の耐震性はまず間違いなく補償される

新築 デメリット

  • 土地が無い場合希望条件の土地探しが大変
  • 土地を購入した場合は近隣の雰囲気など入居するまで分かりずらい要素がある
  • 0から作る為一定以上の費用が発生する

リノベーション メリット

  • 工事規模により新築より安く工事が出来る
  • 住み慣れた地域であれば入居後の近隣トラブルの不安がない
  • 高立地の中古住宅を視野に入れて選択が可能
  • 今では高額になる大きい梁や屋根の登り丸太などがあれば,あえて見せる事で新築では味わえない仕上がりも可能

リノベーション デメリット

  • 全解体の費用より躯体を残したスケルトン解体の方が高くなる可能性がある
  • 基礎や屋根まで工事をすると新築より高くなる可能性がある
  • 地盤改良工事が出来ない為古い建物は耐震性に不安が残る
  • 設計間取りが希望通りにならない場合がある
  • 工事前に分からない部分がある場合追加工事費用が発生する確率がある
  • 金利が新築より高い

メリット・デメリットを出すとこのような形になります。

新築のメリットが少ないように見えますが,かなり重要な設計間取りの自由度や耐震性が挙げられています。

新築デメリットの土地・近隣状況・一定の資金が問題がないのであれば,正直に言うと新築をお勧めします。

一方でリノベーションの方は工事範囲を狭くして行くことで工事費を抑えたり,中古住宅を購入して希望の地域の土地が見つかりやすい等のがメリット挙げられます。

また古民家風に出来るなどの意匠性にも拘る事が出来ます。

ですがデメリットもかなり見過ごせない部分もあります。

ある程度の耐震工事は出来ても,地面の補強『地盤改良工事』が施工出来ない為,耐震面に不安があったり,構造上抜けない柱等により間取りに限界があったり,ローンの金利が新築より高かったりと…

かなりヘビーなデメリットがあります。

ですが工事内容により予算を新築より抑えることが出来るのも事実なので

まずは大体工事はいくらぐらい掛かりそうかリノベーション相場を確認してみよう!


リノベーション相場費用は?

ここでモデルケースとして築30年以上40坪木造の建物

工事範囲は屋根はそのままとし,基礎は一部補強

外部・内部は全て新設で想定すると

坪約50万・工事費約2000万円となります。

広さや水廻り,仕上げ材により上下しますのであくまで目安として下さい。

内訳は

基礎補強工事 約1万円 40万円

解体工事 坪約5万   200万円

大工事 坪約12万   480万円

木製建具工事 坪約1万円 40万円

外壁工事 坪約7万円   280万円

水道工事 坪約2万円   80万円

電気工事 坪約3万円   120万円

窓サッシ工事 坪約3万円  120万円

内装仕上げ工事 坪約1万円  40万円

その他設備・雑工事・諸経費  600万円

結構ざっくり作ってるのでおかしな所がありますが,

スケルトンリフォームの場合はほとんど新築と同じように,

大体大きさでほぼ金額が決まってきますので,

イメージとしてはどこの業者に依頼しても,

ここに近い金額になってくると思います。

※注 実際の見積もりは材料など細かく出してもらうようにしてください。

ここで見てあれ?新築とそこまで変わららない?と思われたと思います。

実際マンションは別ですが戸建てだと大きく値段は安くなりません。

ですが状況により金額は変わって来ますので一度大体の相場を頭に入れ

一度業者見積もりを取ってみましょう!

見積もりの取り方のお勧め方法は別記事でご紹介してますので良ければ

そちらを見ていただければと思います。

建築のプロ直伝!お勧めリフォーム見積もりガイド


まとめ
  • 新築とリノベーションのメリット・デメリットを確認しよう
  • リノベーションでも大きくは安くはならないので注意
  • 価格相場を確認したら一度業者見積もりを取ろう!

いかがでしたでしょうか?

リノベーションは築年数が浅ければ浅いほどメリットは大きなります。

ですがデメリットもあるのでそちらも念頭に入れ検討していきましょう!

ここまで読んで頂けた方、ありがとうございました!

当サイトではお家に関する役立つ情報を掲載していますので

他の記事も良ければご覧ください!

お勧め記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました