リフォームをして助成金を貰おう!【グリーン住宅ポイント】ってなに?

助成金

ここではリフォーム工事におけるグリーン住宅ポイント制度についてなるべく分かりやすく噛み砕いて説明させて頂きます。

グリーン住宅ポイントとは?

落ち込んだ経済の回復を図るため、一定の性能を有する住宅や設備機器等を取得する者等に対して、「新たな日常」及び「防災」に対応した追加工事や様々な商品と交換できるポイントを国が発行する制度になります。

目次

  • 対象者は?
  • どんな工事で何ポイントもらえるの?
  • 発行ポイント数上限について
  • ポイントは何に使うの?
  • まとめ

対象者は?

①工事請負契約を発注した方

2020/12/15〜2021年10/31の期間にリフォーム工事の請負契約をした人が対象になります。

特によく勘違いしている方が見えるのですが去年の令和2年12月15日契約分から対象になります!

どんな工事で何ポイントもらえるの?

基本的にはエコ住宅設備の設置や断熱工事やバリアフリー工事や耐震改修工事、中古住宅の購入後ポイント発行対象工事をした場合になります。

ポイント数は下記になります。

エコ住宅設備の設置

太陽光利用システム

24,000ポイント

高断熱浴槽

24,000ポイント

高効率給湯器

24,000ポイント

節水型トイレ

16,000P X設置台数

節湯水栓

4,000P X設置台数

窓等の開口部の断熱改修

ガラス交換大1.4平米以上

7,000P X枚数

ガラス交換中0.8〜1.4平米未満

5,000P X枚数

ガラス交換小0.1〜0.8平米未満

2,000P X枚数

内窓設置大2.8平米以上

20,000P Xカ所

内窓設置中1.6〜2.8平米未満

15,000P Xカ所

内窓設置小0.2〜1.6平米未満

13,000P Xカ所

ドア交換開戸1.8平米以上 引戸3平米以上

28,000P Xカ所

ドア交換開戸1〜1.8平米未満 引戸1〜3平米未満

24,000P Xカ所

外壁、屋根・天井または床の断熱改修

外壁

100,000P 部分断熱の場合50,000P

屋根・天井

32,000P 部分断熱の場合16,000P

60,000P 部分断熱の場合30,000P

※断熱工事は地域により必要量が違いますので必ず工事業者に何ポイントもらえるか確認しましょう!

バリアフリー工事

手すりの設置

5,000ポイント

段差解消

6,000ポイント

廊下幅等の拡張

28,000ポイント

ホームエレベーターの設置

150,000ポイント

衝撃緩和畳の設置

17,000ポイント

耐震改修工事

昭和56年5月31日以前に建築着工された現行の耐震基準に適合しない住宅を現行の耐震基準に適合させる工事をした場合

150,000ポイント

※こちらはそもそも耐震工事が出来ない業者も存在すると思いますので事前に業者に確認しましょう。

リフォーム瑕疵保険への加入

リフォーム瑕疵保険に加入した場合

7,000P

※リフォーム瑕疵保険は100万円以上の工事請負契約をした場合加入するかしないかの説明が義務化されていますのでその時に聞くようにしましょう。ただし大きなリフォーム工事のフルリノベーションや増築などでない限り施主にメリットはほぼないと思われます。

中古住宅を購入して上記対象の工事をした場合

既存住宅購入加算内容

  • 申請者自らが入居する中古住宅を購入
  • 中古住宅が令和元年12月14日以前の住宅
  • 中古住宅購入売買契約が100万円以上
  • 中古住宅購入売買契約が令和2年12月15日以降
  • 中古住宅購入売買契約から3ヶ月以内にポイント発行対象となる工事の請負契約

今までのポイント発行対象となる合計数と同数ポイントの発行

※要は今までのポイントが倍になります

発行ポイント数上最小ポイントについて

ここまで紹介したポイントは工事をすれば無限に貰える訳ではありません。

一件当たりの最大ポイント数が決まっているので下記からご確認ください。

若者子育て世代

※ここでの若者世代とは40歳未満の世帯

※ここでの子育て世代とはポイント発行申請時点で18歳未満の子を有する世帯

中古住宅を購入し工事をした場合

1戸当たり600,000ポイントまで

中古住宅を購入せず工事をした場合

1戸当たり450,000ポイントまで

一般世帯(若者子育て世代以外)

中古住宅を購入し工事をした場合

1戸当たり450,000ポイントまで

中古住宅を購入せず工事をした場合

1戸当たり300,000ポイントまで

最小ポイント数について

ポイント数は50,000ポイント以上ないとポイントは発行できませんので注意してください

ポイントは何に使うの?

発行されたポイントは下記の商品と交換することができます。

  • 「新たな日常」に資する商品
  • 省エネ・環境配慮に優れた商品
  • 防災関連商品
  • 健康関連商品
  • 家事負担軽減に資する商品
  • 子育て関連商品
  • 地域振興に資する商品

交換商品の詳細についてはグリーン住宅ポイント事務局のホームページで確認をして下さい。

さらに一部の工事代金(追加工事)に1ポイント=1円で充当することも出来ます

ポイントが充当出来る工事について

  • ワークスペース設置工事
  • 空気環境向上工事
  • 家事負担軽減に資する工事
  • 音環境向上工事
  • 菌・ウイルス拡散防止工事

まとめ

  • 工事契約が2020年12月15日〜2021年10月31日までに契約したリフォーム工事
  • エコ住宅設備の設置や断熱工事やバリアフリー工事や耐震改修工事、中古住宅の購入後ポイント発行対象工事をした場合にポイントが発行される
  • 最大ポイントは30万ポイント〜60万ポイント
  • 最低でも5万ポイントないと発行できない
  • ポイントは商品に交換もしくは一部工事代金に充当

いかがでしたでしょうか?

今回リフォームについてフォーカスして紹介していますが新築もございますので気になる方はグリーン住宅ポイント事務局のホームページをご確認ください。

またなるべく分かりやすくかなり噛み砕いて説明しましたので詳しく知りたい方もグリーン住宅ポイント事務局のホームページでご確認をお願いいたします。

こちらの制度は私自身去年は住宅省エネポイント、数年前は木材利用ポイントなど似たような制度がありそちらをかなり申請をしていたので大体流れは分かりますが、業者によってはよく知らなかったり、代理申請を嫌がる業者もいると思いますのでお見積もり依頼時業者にこちらの制度を使用できるかしっかり確認をするようにしましょう!

また別の記事でもリフォーム工事に少しでも役立つような情報ををご紹介しますので是非そちらも読んで頂ければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました