お家メンテナンス!引き違い窓の網戸が外れない!!

お家メンテナンス

良くあるお客様からのご連絡で『網戸が外れない』

『網戸を外して元に戻そうとしたらうまく動かなくなった』

と連絡をいただきます。

ここでは比較的新しい網戸の外し方、戻し方を解説いたします!

目次

  • なんで外れないの?
  • 網戸の外し方
  • 網戸の戻し方
  • まとめ

なんで外れないの?

ここ10年くらいの比較的新しい引き違い窓は昔の網戸と違い

台風などで飛ばされないように外れ止めが付いています。

その為掃除の時などに無理に外そうとすると

壊れたりする場合がありますので

簡単に取れない場合は一度こちらの記事をご確認ください!

網戸の外し方

準備する物は+ドライバーが必要になります。

①まずは網戸の両サイド上の所を見てみよう!

写真のように黒いプラスチックとネジが見えませんか?

これが外れ止めで両サイドあります。

②そちらのネジを+ドライバーで反時計回りで回して緩めまて見ましょう!

※注意!軽く緩めるだけでOKです。

緩めると黒いプラスチックが上下に動くと思いますので

それを少し下げましょう。

これを右と左両サイド緩めましょう。

④すると網戸が上に持ち上がるようになりますので

写真のプラスチック部分(車輪)が下に動かないように押さえて 

網戸を上に持ち上げて、網戸下側を外側に出すと取れます。

こちらも右と左の両サイドに付いています。

 

ポイント:①の時はネジを緩めすぎて落とさないようにしよう!

④の外す時必ず下のプラスチック(車輪)が下がらないように押さえよう!

網戸の戻し方

基本的には外す時の逆バージョンです。

下のプラスチック(車輪)が上下に動いてしまうので下がらないように手で持ちましょう。

②今度は上のレールから網戸を戻して下を内側に入れてレールに戻しましょう。

この時①のプラスチック(車輪)が下がらないようにプラスチックをしっかり押さえて

戻してください。

③先程緩めたネジを黒いプラスチック(外れ止め)を

軽く上に上げてネジを時計回りに回して締めましょう。

この時黒いプラスチック(外れ止め)は軽く上げて

上のレールに当たらないようにしましょう。

ポイント:①のプラスチック(車輪)はレールに戻す時まで下がらないように持ちましょう!

黒いプラスチック(外れ留め)はレールに押さえつけずにネジを締めよう!

まとめ

  • 外す時は外れ止めのネジが落ちないように軽く緩めるだけにしよう!
  • 下の車輪が意外と曲者!しっかり持ってレールに引っ掛からないように持ち上げよう!
  • 戻すときは外れ止めを上に押し付けすぎないようにしよう!

もしどうしてもわからない場合は

無理に外すと壊れたりする可能性があるので

工事をしてもらった業者に一度電話で聞いてみよう!

一応写真のように網戸内側に外し方が書いてある筈なので

こちらも確認してみよう!

一応サッシメーカーYKK・LIXIL共にほぼ同じ形になります。

ここまで読んで頂けた方、ありがとうございました!

当サイトではお家に関する役立つ情報を掲載していますので

他の記事も良ければご覧ください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました